帰ってきた「西王国の西和彦」

前言

かつてブログ「カメラ随想」の1コーナーとして「西王国の西和彦」という連載を行っていた。弊社(カメラメーカー)に現れた西和彦というブタのような人物についてのエピソードを書き始めたわけだが、この人物、調べれば調べるほどネタが湧き出てきてなかなか終了できず、2016年末には第103話に到達するに至った。反響も大きい人気ブログであった。

しかし内容が本来の「カメラ随想」からかけはなれてしまい、西和彦というドボチョン人物の一代記となってしまった。そこで今回、独自ドメインを取得し独立したページとして新装開店することにした。

www.dobochon.com

 

携帯電話で閲覧希望の方は以下のQRコードを読み込んでください。

旧「西王国の西和彦」は調べて発覚したことを順次書き足していたため、全体の流れがわかりにくくなってしまっていた。数年間の連載により西和彦のドボチョン人生の概要があきらかになってきたので、この再構成版では読みやすく改良する。

 

本ブログの著作権について

本ブログの著者は私安原伸であり、著作権は放棄しませんが、ブログの内容の引用・コピーしての二次使用・ミラーサイトの制作等はご自由に。以下のリンクから「転送」フォルダをダウンロードしてください。

 

ドボチョンデータ

 

「転送」フォルダの内容をそのままアップすれば、ミラーサイトを構築できます。(トップページはindex.htmlです。)

 

英語ページ制作ボランティア募集

本ブログは西和彦というドボチョン人物を通してコンピュータ業界・IT業界の発達を顧みる有意義なもので、ぜひ世界中の人に読んで頂きたいと思います。英語版ページを作ろうと考えています。翻訳にご賛同・ご協力頂ける方は以下のメアドまでご連絡ください。

yasuhara@dobochon.com

 

「紙の」書籍化計画

最終的にこのブログの内容は「紙の」書籍として出版することを目指します。

 

こういう読者にオススメのブログです

1)社会的な地位があり何らかの事業を行っている方

西和彦は社会的な地位がある人を見つけては「ビジネスをしよう」とできもしない話をもちかける性質があります。貴方のところにも「やあ、ボク、西和彦です」と緩んだ顔で腹の突き出た男がやってくるかもしれません。その時までにこの記事を読んでいると得をすることになります。どう対処すれば良いかがわかります。

2)これから社会に出る中高生の皆さん

皆さんは「いくらなんでも西和彦みたいにはならないよ」と思うかもしれませんが、人はうっかり転落することもあります。ドボチョン人生を送らないために、西和彦さんの姿を心の隅に置いておきましょう。多分得をしますよ。

3)オールドコンピュータファン

「西和彦という名前、昔雑誌で見た。懐かしいなあ」という皆さんは概ね50歳以上だと思います。若い時の懐かしい思い出に出会ってみませんか?そう、あのMSXの話も飛び出しますよ。

 

 

ドボチョ~ンと大登場だよ!!

 

 
目次

第一章 ドボチョン野郎がやってきた

1-1 始まりはこのブログから